2019年3月21日

『マダム・ボルジア』ブログ1 〜メインビジュアルができるまで〜

こんにちは。制作部の雪岡です。

第1回目のブログでは、
SPAC新作野外劇『マダム・ボルジア』のメインビジュアルが出来上がるまで、
1月某日に行われた撮影現場レポートをお届けします!

当初、宮城によって打ち出されたビジュアルのコンセプトは、
「イタリア バロック期の画家・カラバッジョが描いた、陰影のある人物画のようなイメージ」でした。

というのも、この作品は「悪女が主役のお芝居」。
顔に光と陰を作ることで、悪女のイメージを押し出すことにしました。

さらに、演劇祭のフェスティバル感、野外劇のスペクタクル感、新作の期待感も添えるべく、
タイトルロールのルクレツィア・ボルジアにはお花をもっていただくことに。

ルクレツィアが生きたルネサンス期、群雄が割拠し、
権力闘争から人を殺めることも頻繁に起こった時代の「猥雑さ」や「栄枯盛衰」
といったイメージを喚起するようなフラワーアレンジにしては?というアイデアに辿り着きました。

そこで今回フラワーアレンジを依頼したのが、
静岡市葵区人宿町SOZOSYAキネマ館1Fにあるお花屋・TEN ROSEs (テンローズ)代表の河西和也さん。
撮影当日、みずみずしい生花に加えて、萎れたもの、枯れたもの、
いびつな形状のものを持ってきていただき、現場で花かご作りがスタート。

01

さっそく、茎や葉がカットされ、土台が大胆に作られていきます。
河西さんは花屋で働きながら、ほとんど独学で生け花の知識と技術を習得されてきたそうです。
 
 
02

ここで、ひと呼吸。「何か考えてるんですか?」と尋ねたら、
「栄枯盛衰・・・」と一言もらし、しばらく吟味。
 
 
03

花びらを手でちぎったり、欠けたお花を混ぜる工夫も。
 
 
04

ものの30〜40分で出来上がりました。
 
 
05

ここで一度、写真家の加藤孝さんに、実際にカメラで撮ったときの写りぐあい、
色味などのチェックとアドバイスをいただき、その場で少しお花を差し替えて、完成!!
 
 
06

と思ったら、そこからさらに、
撮影用のライトをあえて近くから当てて全体をなじませていくという技も。
 
 
07

しばらくすると、でれーんと垂れ、花同士のちょっとした隙間が埋まっていき、
不思議と調和していきました。
 
 
08

こちらは舞台芸術公園産の枯れたり、虫喰いのある草花。
撮影は一発勝負ということで、万全を期して、スタンバイさせておきましたが、
残念ながらフラワーアレンジメントでの出番はありませんでした!
押収された毒草のようで、撮影現場の雰囲気作りに貢献しました。

“毒”といえば、ボルジア家は”毒使い”としても知られ、即効性のあるものから
週・月単位でじわじわと身体を蝕んでいくタイプのものまで、
巧みに使い分け、暗殺などに用いられていたそうです。
ヴィクトル・ユゴーの原作『ルクレツィア・ボルジア』でも、この”毒”は
ルクレツィアと周りの人々の運命を狂わせてくアイテムとして登場しています。
 
 
09

さて、衣裳・ヘアメイクの準備も整い、いよいよ撮影がスタート!
 
 
10

プレーンな表情、凛とした表情、高飛車な表情、儚げな表情など、
カメラマンの加藤さんによって次々と撮られていき、写真を隣のパソコンで確認。
 
 
11

撮り進めながら、構成・演出の宮城による最終チェックと微調整も。
そして、各分野のプロの技が結集し、出来上がった1枚がこちら!
 
 
12
 
 
トレーラーも公開です!


 
 
どのような舞台に仕上がっていくのか、どうぞお楽しみに!
 
 
================
マダム・ボルジア
構成・演出:宮城聰
作:ヴィクトル・ユゴー
訳・翻案:芳野まい
音楽:棚川寛子
振付:太田垣悠
出演:SPAC

公演日時=5月2日(木・休)、3日(金・祝)、4日(土・祝)、5日(日・祝)各日18:45開演
会場=駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場
上演時間=未定(120分以内) ※日本語上演/英語字幕
*詳細はコチラ
================


2019年3月14日

SPAC初!!『ふたりの女』多言語リーディング・カフェ 開催レポート☆

SPACの人気企画、「リーディング・カフェ」。
SPAC俳優による作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる、という企画ですが、それをなんと今回は!
SPAC初のチャレンジとして “多言語” で開催しましたヽ(^o^)丿
今日は2月27日(水)に行われた第1回目の模様をレポートします♪

この日読んだのは、日本の現代演劇を代表する劇作家・唐十郎の名作 『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』。この戯曲は、『源氏物語』の光源氏と妻・葵上、生霊となった六条御息所の三角関係に、狂気と正気の境界を描くチェーホフの『六号室』を巧みに織り込んだ傑作です。

今回はその戯曲を日本語、英語、中国語、ベトナム語、モンゴル語の5カ国語で読む、という試みでした。

blog1

さて、本企画。
どんな方が集まるか??と期待と不安が入り交じる中…
当日を迎えてみると、なんと16名の方々が集まってくださいました!

blog2

う~ん、多国籍!!
日本人はもちろん、中国、ベトナム、モンゴル、インドネシア、ブラジル、そしてパプア・ニューギニアの方まで7カ国の方々がカフェ・シンデレラに集結し、さっそく自己紹介からスタート♪

blog3
今回のナビゲーターは、俳優の奥野晃士さん。
『ふたりの女』には是光役で出演されていますよ♪

blog4
奥野さんのリードでなごやかに、そして時に笑いも交えながら、良い雰囲気で自己紹介を終えると、みなさんお待ちかねの台本読みの時間です!
最初は各言語ごとに読んでいきました。

blog5
モンゴル語など、なかなかじっくりと聞いたことのない言語もあったりで、皆で聞き入ってしまったり…

本読みの途中では、奥野さんから台本が描かれた当時の時代背景の解説があり、台本の内容と照らし合わせながら、読み深めました。
(この本では学生運動の熱気や興奮が描かれており、実際に当時を体験されたという参加者の方もいらっしゃいました。 )
また、出演俳優ならではの初演時の稽古エピソードなども交えながら、どんどん読み進めていきます!

blog6
終盤には「自分が担当する役は、母国語で読む」という画期的な方法で挑戦しました!!
1つのシーンを日本語→ベトナム語→英語→モンゴル語→日本語……と様々な言語で語っていく様子がみられました^^
言葉はわからなくても、何となく通じ合っているかのような不思議な体験を味わっていただきました。

blog7
初開催となった「多言語リーディング・カフェ」はとても素敵なひと時になりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました♪
今後も開催していきたいと思っています!ぜひ、ご期待ください^^

また、3月26日にはタリーズコーヒー 富士市中央公園店にて日本語のみのリーディング・カフェを行います♪
まだご予約可能ですので、ご興味のある方はぜひご参加ください!詳細はこちら

blog8

今回読んだ『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』は、ゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭2019」にて待望の再々演となります!
もちろん今回ナビゲーターを務めた奥野さんも出演いたします♪
野外劇場での迫力ある演技をぜひご体感ください!!人気作品ですので御予約はお早めに!

====
『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む
演出:宮城聰 作:唐十郎
公演日時:4/27(土)18:00、4/28(日)18:00
会場:舞台芸術公園 野外劇場「有度」
上演時間:80分(日本語上演/英語字幕)
座席:全席自由
詳細はこちらのページをご覧ください↓
http://festival-shizuoka.jp/program/two-ladies/