2016年6月16日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(20)

2016年6月9日(木)
SPAC文芸部 横山義志

今日はいよいよ初日。気持ちのいい天気。

衣裳班は午前10時劇場入り、技術・制作班は12時入り。ジャン・ヌーヴェルを見た!と制作部の丹治・仲村。ジャン・ヌーヴェルはフランスで最も重要な建築家の一人で、ケ・ブランリー美術館も手がけた。美術館の裏口受付で打ち合わせをしていたらしい。制作部の二人は建築学科出身で、かなり興奮していた。

明日からサッカーのユーロ杯(UEFA EURO 2016)がパリで行われるのだが、それを記念して、今夜はエッフェル塔の下で野外コンサートが行われる。2万人以上の集客が見込まれているという。ケ・ブランリー美術館のすぐそばなので、影響があるらしい。

P1060699

19時半開場。受付に行ってみると、お客さんたちが口々に「ここまでたどりつくのが大変だった」という話。エッフェル塔からケ・ブランリー美術館までを含む地区では、車の通行がブロックされていて、道に人が溢れ、歩くのにもいつもの倍以上時間がかかったという。

たどりつけなかったお客さんもいらしたようで、今日のお客さんは250人ほど。第一幕では、昨日のゲネ(最終通し稽古)よりも笑いが起きず、ちょっと不安になる。だが、すごく集中してみてくださっている。

P1060714

終幕してみると、昨日以上の盛り上がり。ダブルコールでは客席の半分近くがスタンディングオベーション。トリプルコールまで、ほとんどのお客さんが残ってくれていた。

P1060766

制作のアンヌさんによれば、初日は作品の価値が定まっていないので、お客さんが緊張しがちだという。また、初日のお客さんは社会的地位の高い方が多く、あまり感情を表に出さない人が少なくないとのこと。美術館でプログラムの統括をしているエレーヌさん(かつて地方の劇場で館長を務めていらした方)からも、パリのお客さんはあまり立ち上がって拍手をする習慣はなく、これだけ盛り上がるのは珍しい、とのお話があった。

何人かの批評家が、「すばらしかった」「これだけの舞台はなかなか見られない、ありがとう」と声をかけてくれた。上々の初日。

P1060770

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


イナバとナバホの白兎/パリ日記(19)

2016年6月8日(水)
SPAC文芸部 横山義志

衣裳班は午前10時劇場入り、技術・制作班は12時入り。

午後8時から公開ゲネ(最終通し稽古)。SPACからは50人まで招待してよいと聞いたのだが、これまで招聘したアーティストやお世話になった方、今回の公演にご協力くださった日本大使館・日本文化会館・在仏商工会議所の方々など多くの方がご興味を持ってくださり、55人ほどに。ケ・ブランリー美術館からはジャーナリスト、ブロガー、その他関係者にお声がけしたとのこと。

P1240033

P1240034

数日前には100~200人と聞いていたが、なんと300人近い方がご来場くださった。客席が8割くらい埋まっている。これほど多くの方がいらっしゃるゲネははじめて。

はじめの兎の場面から笑いが出ていて、字幕で無事に通じているようで、ほっとする。薄暗い第二幕の「ナバホ篇」になっても、集中して見てくれている。

P1060470

終幕と同時に大きな拍手。立ち上がる方も。ダブルコールでは口笛や歓声も鳴り響く。ゲネでトリプルコールというのは初めて見た。驚くくらいの反応。

P1240184

終演後、レセプション。ステファヌ・マルタン館長からのお言葉。「これほどのクオリティの作品を、まさに当美術館のために作ってくださり、とても感動しています。私は美術館の立ち上げから関わってきましたが、宮城さんも『マハーバーラタ』公演の下見で工事中のクロード・レヴィ=ストロース劇場を訪れてくださり、こけら落とし公演以後、10年間にわたって当美術館の歩みに付き添ってくださっています。今、私が望んでいるのは、当美術館とSPACさんとの関係が恒久的なものになることです。ぜひ、ここが第二のホーム、パリの家だと思って、当美術館で定期的に公演していただきたいと思っています。」

0時近くまで劇場のバーでいろいろな方とお話しして、終電間際のメトロになんとか乗り込み、帰途につく。

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月13日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(17)(18)

SPAC文芸部 横山義志

2016年6月6日(月)

晴天。午前9時劇場入り。11時から『ラ・クロワ』紙の名物劇評家、ディディエ・メルーズさんによる宮城さんインタビュー。午後4時からの通し稽古には『フィガロ』紙の批評家が観劇。金曜日に記事を出してくださるとのこと。午後10時退館。

**********

2016年6月7日(火)

セーヌ川の水はだいぶ引いてきて、河岸の遊歩道が顔を出している。衣裳班は午前10時劇場入り、技術・制作班は12時入り。

翻訳者のコリーヌ・アトランさんと字幕の打ち合わせ。アトランさんは村上春樹作品などを訳していらして、日本文学の翻訳では最も重要な翻訳家の一人。フランスではアトランさんの翻訳を通じて日本文学に出会った方が多い。最近は岡田利規や野田秀樹など、演劇作品の翻訳も手がけていらっしゃる。今回はケ・ブランリー美術館からの依頼。私もお名前はかねがね伺っていたが、今回はじめてお会いすることができた。

午後4時から、通し稽古を見ながら字幕チェック。日本語ネイティブでも難しい古事記の日本語も、言葉の雰囲気を保ちながらも、分かりやすく簡潔に訳してくださる。驚嘆のお仕事ぶり。コリーヌさんは駿府城公演も見てくださっているが、多少台詞が変わったりもしているので、細かく確認。

美術館側からの要望で、宮城さんの前説の演出を少し変更。訳し直さなければならなくなったりしても、コリーヌさんはすぐに対応してくださった。午後10時ぎりぎりまで字幕の打ち合わせをして、退館。

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月11日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(15)(16)

2016年6月4日(木)
SPAC文芸部 横山義志

 
朝9時劇場入り。
 
舞台作業をはじめたときから懸案だった非常灯問題が意外な展開を見せる。
 
 
多くの劇場で、暗転時に非常灯を消せるか否かは舞台効果上大きな問題になる。もちろん保安上は非常灯がついていた方がいいわけだが、非常時の安全を確保しつつ、いかに作品としての効果も出せるようにするか。

P1240282

このクロード・レヴィ=ストロース劇場が特殊なのは、舞台奥に非常灯がついていることだ。舞台の奥側は階段状になっていて、最上段はホワイエにつづき、ホワイエのさらに奥には庭園がある。実は、これが避難経路の一つになっている。つまり、非常時には観客は入ってきた入口からだけでなく、舞台を通って庭園へと抜けていくことにもなっている。この経路を指示するために、舞台上に二つの非常灯がともっている。

P1240280

ただし、実際に観客が避難することを想定してみれば、舞台美術や楽器でいっぱいの舞台を通って庭園に非難していく、というのは危険極まりない。しかも、そこに非常灯がついていたとしても、多くの観客は上演中、カーテンの向こう側に庭園があるということに気づかないので、そこに逃げていこうとは思わないだろう。

P1060425

この非常灯はかなり高い位置にあるので、『マハーバーラタ』を上演したときにはあまり気にならなかったが、今回は舞台美術のちがいもあり、高い位置まで目が行くので、非常灯を消せないものか、議論がつづいていた。
 
俳優・スタッフに疲労がみられることもあり、明日は多くのメンバーには休んでもらうことにしたい、ということを劇場側のスタッフに伝えたところ、「明日は劇場側スタッフは来ることになっているが、ちょうどいいかも知れない。カーテンの吊り替え作業をしなければならず、SPAC側の作業や稽古がない方が作業がしやすい」という。何の話なのか、はじめはよく分からなかったが、どうも客席後方の仕切りになっているカーテンを取り外し、1メートルごとくらいに切れ目が入った特注のカーテンに取り替えるという。その固定のために、カーテンレールに新たなビスを打ち込んだり、という作業が必要とのこと。かなり大変な作業。

添付

これによって、舞台奥からの避難は想定せず、客席後方から観客が一斉に避難できるようになる。セキュリティと芸術上の効果を両立させるために、劇場の未来を見据えたうえで決断したのだろうが、美術館がこの作品に賭ける意気込みが伝わってくる。
 
午後4時半から9時過ぎまで全体稽古。本日はヘアメイクの梶田さんが入ったので、はじめてヘアメイク付きでの稽古。フランスで見てみると、同じものでも見え方が変わったりもする。第三幕の老婆のヘアスタイルは変更になりそう。
 
 
午後10時退館。
 

**********

2016年6月5日(日)

ひさびさの好天。

どうしても今日作業をする必要がある照明班・舞台班とそのお手伝いをしてくれる俳優さんが午後2時~3時入り。劇場では客席裏のカーテン吊り替えのためにレールにビスを打っていく作業が進んでいる。かなり時間がかかりそう。

午後6時まで作業して、退館。まだ日が高いうちに帰るのが新鮮。

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


イナバとナバホの白兎/パリ日記(14)

2016年6月3日(水)
SPAC文芸部 横山義志

 
雨は止んでいるが、セーヌ川はいよいよ増水。遊歩道の並木も水につかり、道の木材が水に浮かんでいる。朝9時劇場入り。

午前11時から劇場でAFP通信による宮城さんのインタビュー。「アヴィニョン演劇祭の石切場での『マハーバーラタ』はすばらしかったです。法王庁前広場で、観客の間近で行われた無料公演は心に残りました」等々。今回早々に取材にいらっしゃる方は、すでにSPACの作品をご覧になっている方が多い。

P1230524

 
午後4時から全体稽古。ふたたびジャン・クチュリエさんによる写真撮影。

並行して、制作丹治と私でヘアメイクの梶田さんを空港にお迎えに行く。労働法改革に反対するストライキで、空港まで行く電車は大幅に減っているらしい、と聞いていたが、北駅まで行ってみると、そもそも空港行きの電車が見つからない。あちこち回って、急ごしらえの掲示をよく見てみると、普段とは違うホームから出ているらしいことが分かった。だがそのホームに行ってみても、空港行きの電車がいつ、どこから出るのか、何のアナウンスもない。5人くらいに聞いてみると、20分後くらいに出るらしいことが分かった。電車が着くと人が殺到。近くの人に「これ、空港に行くんですよね」と聞くと、そうだ、というので、一緒にあわてて乗り込むが、なかで聞いてみると、「いや、反対方向だ」とのお答え。ホームにおりて案内のスクリーンを見ると、いつの間にか行き先が出ていて、やっぱり反対方向だった。

こんな具合に、ストライキがあると、駅での案内があまりにも不親切なので、とにかくいろんな人に話を聞いて、情報をチェックすることになる。お客さんのあいだに不思議な連帯感が生まれ、いつまで待てばいいのか分からないので、どうでもいい話をはじめたりもする。フランスに住んでいたとき、ストライキの日に、いろんな方に出会ったのを思い出した。

その間、劇場では午後9時まで稽古、10時退館。

s_IMG_0675credits

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月9日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(13)

2016年6月2日(火)
SPAC文芸部 横山義志

朝から小雨。セーヌ川は川沿いの遊歩道まで水があふれている。鉄道のストライキもあって、道路はかなり混雑。毎日使うメトロ1号線は無事。朝9時劇場入り。フランス側のスタッフからは「来るのに3時間かかった」「バスがなかった」「ガレージにたまった水を出すのが大変だった」等々。六月生まれがやたらと多い日本の劇団がパリまで梅雨を運んできてしまったかのよう。

P1230566

字幕の見切れチェック。ケ・ブランリー美術館で初お目見えする舞台装置の「光のカーテン」が動くため、字幕スクリーンを二台使っても場面によって見えなくなってしまったりして、全ての席をカバーするのはすごくむずかしい。字幕スクリーンを四台にしてみたが、やっぱり読めない席が出てしまう。それに、さすがに字幕だらけ。悩ましいところ。

P1230714

午後4時から稽古。「1時間くらいみたい」とおっしゃっていたドイツ出身のジャーナリストが、第一幕のスサノオ登場あたりからすっかりノリノリで、最後まで見てくれた。字幕の内容で笑っていたりもして、ちょっと安心。フランス語のネタのチェックをつづける。

午後10時退館。

P1230138

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月7日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(12)

2016年6月1日(月)
SPAC文芸部 横山義志

朝までは雨が降っていたが、メトロを降りると止んでいた。晴れ間は出ないものの、多少ましな天気ではある。セーヌ川は今朝も河岸ぎりぎりまで水がみなぎっている。

ファイル_001

少なくともカタツムリたちは活き活きとしている。今日はふたたび朝9時劇場入り、午後10時退館。

ファイル_002

午後4時から9時近くまで稽古。公共放送フランス3の方々が稽古の様子を撮影。『声は自由La voix est libre』という番組のケ・ブランリー美術館10周年特集で紹介されるとのこと。放送は6月4日(土)11:30(フランス時間)から。同日14:00以降は以下のインターネットサイトからも見ることができるようになるという。

http://france3-regions.francetvinfo.fr/paris-ile-de-france/emissions/la-voix-est-libre-paris-ile-de-france

午後5時半、ケ・ブランリー美術館館長のステファヌ・マルタンさんが劇場をご訪問。「当美術館にふたたびいらして、さらに私どものために新作を作ってくださり、本当にありがとうございました。『マハーバーラタ』は私がこれまでの人生で見たなかで最も美しい作品でした。なので、今回の作品はそれと同じくらいにいい作品にしていただかなければなりません」とのお言葉。いよいよプレッシャーがかかる・・・。

P1230473

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月6日

イナバとナバホの白兎/パリ日記~掲載記事編(1)

駿府城公園でのプレ上演をご覧いただき、
ケ・ブランリー美術館での稽古も見学していただいた
ジャン・クチュリエさんのブログをご紹介します。

2016年6月1日アップ
Théâtre du blog, Jean Couturier

(抜粋)

演出家と俳優たちによるリサーチと対話と実験の成果である最終幕では、起源の神話を創造する舞台のエクリチュールへとたどりつく。これはアリアーヌ・ムヌーシュキン率いる太陽劇団による集団創作の名場面を思い起こさせるものだ。全体演劇としての『イナバとナバホの白兎』には、それに近いところがある。二時間のあいだ、裸舞台のうえでは26人の歌手・音楽家・俳優が登場しつづけていて、場面ごとに明転で着替えながら楽器の位置を変更していき、舞台のあらゆる技巧を駆使するのである。

・・・

アメリカインディアンの神話に出てくる動物たちを演じる俳優たちは、1970年代に活躍した有名なアメリカの劇団ブレッド・アンド・パペット・シアターを思い出させる。それにすばらしい音楽と歌の伴奏がつく。

クロード・レヴィ=ストロース劇場に合わせた日本の舞台美術に、庭園に向かって開かれる驚くべき最終場面。舞台が観客に近く、俳優の演技のニュアンスを存分に見て取ることができる。

『イナバとナバホの白兎』は物語演劇の完璧なお手本であり、私達を幻想的な旅へと誘ってくれる。何より、ここケ・ブランリー美術館において、この作品は象徴的な価値を獲得している。分かち合いと知性のすばらしいひととき・・・。

ジャン・クチュリエ氏撮影の稽古写真(2016年6月4日/ケ・ブランリー美術館)

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月5日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(11)

2016年5月31日(火)
SPAC文芸部 横山義志

昨晩からの豪雨で、テレビでは洪水のニュースばかり。フランス北部全体に大雨警報。連日の雨で、セーヌ川も満水。あちこちで電車が止まっているが、幸いメトロは無事。

今日は稽古なしなので、はじめての午後入り。スタッフは布地の買い出し。午後1時に劇場入り、午後10時退館。

午後4時、『イナバとナバホの白兎』公演前ガイドツアーを担当するガイドさんがいらして、仮面・衣裳の高橋佳代さんと常設展を見に行く。兎と亀を描いたイランのタイル。日本では「ずるがしこい兎」というイメージは「イナバの白兎」以外にはあまり出てこない気がするが、兎は多くの神話でずるがしこいトリックスターとして活躍している、という。

P1230387

P1230371

ワニ、双子、月、星などの仮面。人間の身長をはるかに超えるものもあり、圧巻。西アフリカのドゴン族の神話では、人間は両性具有の完全な存在から生まれた、不完全な存在とされている。双子(とりわけ男女の双子)はこの完全な存在に近いものみなされる。

最後にパプア・ニューギニアのワニを型取ったオブジェを見る。ご神体のような、文様が刻み込まれた石を覆っていたもので、藁や獣の牙や貝などでできている。ガイドさんによれば、パプアの神話では、はじめ世界には水があるだけだった。そのなかから、まずワニが現れ、大地も天も、星も生き物も、全てがこのワニから生まれたという。

P1230434

今回の公演では、このガイドツアーが4回企画されている。『イナバとナバホの白兎』の物語がどこから来たのか、この美術館以上によく体感できるところはないだろう。

(ご案内)

◆ガイドツアー「世界とその起源」~『イナバとナバホの白兎』特別限定版~
Visite guidée « Le Monde et ses origines », Spéciale Lièvre blanc d’Inaba et des Navajos (série limitée)

日時:6月11日(土)18:30~19:30
   6月12日(日)15:30~16:30
   6月18日(土)18:30~19:30
   6月19日(日)15:30~16:30
場所:Plateau des Collections
料金:無料

*詳細はこちら

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============


2016年6月4日

イナバとナバホの白兎/パリ日記(10)

2016年5月30日(月)
SPAC文芸部 横山義志

午前9時劇場入り、午後10時退館。

駿府城での公演にいらした劇評家のジャン・クチュリエさんが写真を撮りに来てくださった。

IMG_0374_クレジット入り

IMG_0425_クレジット入り

IMG_0550_クレジット入り

ケ・ブランリー美術館広報部門総勢5名と打ち合わせ。地下鉄の広告、商店へのポスター掲示、テレビ、新聞、雑誌などの広報展開の話を聞いて、美術館側の力の入れようがよく分かった。気がつけば、メトロのあちこちの駅で大きなポスターが掲示されている。演劇作品のポスターがこれだけ大々的に掲示されているのも珍しい。

DCF00589.JPG

字幕機が三カ所に設置され、字幕データの入力も終了。これから日々調整。

=============
フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品
『イナバとナバホの白兎』
6/9(木)~19(日) ケ・ブランリー美術館クロード・レヴィ=ストロース劇場
◆公演の詳細はこちら
=============