2010年11月18日

<萌目線。vol.56>我らがわが町。

先日、『わが町』全公演が無事終了しました。
ご来場くださいました沢山の皆様、
応援してくださいました皆様、本当にありがとうございました!!

SN3L0097

twitterでも感想のコメントをたくさんいただけて、嬉しいかぎりです。

まだ暑かった8月から稽古が始まり、
11月なんてすごく遠くに感じていたのに、

100907_1639~01

気づいたらすっかり寒くなっていましたね。

オーディションを経て集まったメンバーと、演出の今井さんとで、
本当に「町」というか、「世界」を作っていくような稽古の日々でした。

全編通して、小道具や特別な装置が存在しない中での演技。
死者が生きていた頃をいとおしんで役を演じ、
日常という劇を見守っているという構成。

それは本当に、芸術劇場の舞台の上にしか存在しない、
私たちの「町」でした。

「今井マジック」という言葉が稽古場でよく飛び交ったのですが、
本当にマジックのように華麗で見事な演出を受けさせていただいたと思っています。

稽古場での今井さんは、本当に穏やかで丁寧に接してくださり、
その雰囲気の中で私たちは楽に呼吸をして、
共演者や自分の内に生まれてくるものを見つめているうちに、
作品が出来上がったと言っても過言ではありません。

例えるなら「痛くない整体」といったところでしょうか。(笑)

日常生活と、その中にある本当に劇的なものを舞台の上で表現するために、
身体も作品に対する精神も、自然で正しい方へ導いていただいたような感じです。

私たちにとって本当に貴重な体験だったと思います。

ところで、いただいた感想の多くにあるように、
『わが町』の戯曲の中には、毎日の一瞬一瞬を大切に、
というような死者から生者へ向けてのメッセージのようなものが含まれています。
しかし私は出演していても、
100%実感をもってそれを表現できていたわけではありません。

どっちかというと、
毎日どうして頑張って生きなきゃいけないんだろうとか、考えてしまうんです。

幕の降りた今も答えが見つけられないままですが、
少なくとも舞台に立つことを許され、
素晴らしい仲間やお客様に出会えて、私は幸せ者だと思っています。

皆さんいつも本当にありがとうございます。

101029_1208~01

ML_SN3L0095

『わが町』の去った劇場には、
次の『しんしゃく源氏物語』のセットが仕込まれてまいりました。
稽古も白熱してきたところであります!!

「今」を大切に、この先の未来に向かって、
残りの秋のシーズン、駆け抜けたいと思います!!

 

<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。


2010年11月13日

<『わが町』のちょっといい話24>美術担当の深沢襟さんにちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

11月9日(火)スノドカフェにて、「今井朋彦さんと古典戯曲を読む“カモしれない”会(通称:読むカモ会)」が開催されました。今井さんの他にも、『わが町』出演中のSPAC俳優も急遽飛び入り参加したりと「読むカモ会」は大いに盛り上がりました!今井さんはロミオを情熱的に、そしてジュリエットを可憐に演じて?くれました。最後には今井さん自ら、小泉八雲の「むじな」を朗読してくれるというサプライズもあり、参加者全員が大満足のひと時を過ごしました!

IMG_0390

 

また11月13日(土)『わが町』公演終演後には、今井朋彦さん(朗読)と松本泰幸さん(サックス)と松本侑大さん(ピアノ)による朗読演奏会が行われます。『わが町』の半券チケットをお持ちの方は無料でご覧になれますので、こちらもどうぞお見逃しなく!http://spac.or.jp/news/?p=2520

 『わが町』公演も残すところ13日(土)、14日(日)の2ステージとなりました。まだご覧になっていない方は是非劇場にお越し下さい!!

 

 今回のインタビューは、美術を担当しているSPAC技術部の深沢襟さんです!

IMG_8353

 Q)『わが町』の美術のコンセプトについて教えてください。

A)    この戯曲は美術として出来ることが非常に少ないんですが、その僅かな要素から、観客に場面を想像させるしくみが戯曲に盛り込まれているので、まずはそれを再現していくということを考えました。戯曲の中に「ここは美しい場所です。」というセリフがあって、何を美しさの基準とするかという事を考えてみた時に、日常の中にあるふとしたものが、ある瞬間に見せる別の表情を捉えて見ようと思いました。

 Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)生きてきて両親を喜ばせることができたことって少なくて・・・。私が一番親を喜ばせることが出来たっていうのは、私が生まれた時なんじゃないかなと。だから私が生まれた日、生まれた瞬間に戻って、親がどれくらい喜んだのかを見てみたいですね。

 Q)『わが町』について一言。 

A)当たり前なんですけど、その日というのは一日しかないっていうことを、『わが町』をやってみてすごく感じました。だけど、そうとわかっていても一日一日を新しい気持ちで過ごすというのは非常に難しいですよね。時間ってどんどん流れていってしまうものなので、そのことを無駄にしないで生きるという事と、一生のうちに出来ることの少なさ、ということについて考えさせられました。

「 主人とネコ2匹がいるんですけど、自分と全く違う感覚のものが日常に存在しているってすごく貴重なことだと思うんです。それぞれの一日というのが家の中にあって、4倍楽しめるというか・・・。だからどんなに疲れていてもそのことを面倒くさがらずに、主人にもネコにも向かい合うように努力しているし、日常ってそういうことの蓄積と小さな出会いの繰り返しだと思うんです。」という深沢さん。シンプルで美しい舞台をご堪能下さい!


2010年11月7日

<『わが町』のちょっといい話23>衣裳担当の竹田徹さんにちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

10月25日に中高生鑑賞事業、10月30日に一般公演の初日を無事に迎えました。

すでに観劇されたお客様、ありがとうございました!

まだご覧になっていないお客様、劇場でお待ちしております!

 

 そして・・・ 『わが町』スペシャル企画の開催が決定しました。

◇11月9日20:00~ スノドカフェにて古典戯曲を読む会スピンオフ企画

「今井朋彦さんと古典戯曲を読む“カモしれない”会(通称:読むカモ会)」開催決定!

http://spac.or.jp/news/?p=2536

◇ 11月13日 『わが町』公演終了後、劇場1階ロビーにて

今井朋彦さん(朗読)と松本泰幸さん(サックス)と松本侑大さん(ピアノ)による朗読演奏会が行われます。『わが町』の半券チケットをお持ちの方は、無料でご覧になれます。

http://spac.or.jp/news/?p=2520

 

 今回のインタビューは、『わが町』の衣裳を担当しているSPAC技術部の竹田徹さんです!

IMG_0527

 Q) 『わが町』の衣裳について教えてください。

A) 『わが町』という戯曲が元々持っている想像させるというしくみ、観る側の想像で埋めていく、というのがあったので衣裳もそれに乗っかってみようと思い、お客さんの想像をどこまでも止まらせない方法は何かを考えました。人間は元々の差はなく多少の違いがあるだけだと思います。そこと衣裳を重ね合わせ、ほとんど同じような全員共通の衣裳を着てもらうことにより、ほんの少しの差を誇張させたり、逆に似せたりしながら、『わが町』の登場人物になってもらいました。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A) もう会えなくなってしまった人とか、壊れてしまった関係・・・今は失ってしまったものが、僕とまだ関係が持てていた時期に戻ってみたいです。ちなみに戻るのではなく、生まれ変わるのならイルカです!(笑)

 Q)『わが町』の見所について。

A) 日々衣裳が変化しており、役者の演技も日々進化しています。一度観た方も「もう一度来るとまた違うよ!」と言いたいですね。千秋楽まで、メンバー全員が完成がないと思って毎日頑張っています!

「僕、寅さんの映画が好きで、つい最近ビデオを見返してみたんです。マドンナのリリーが、すし屋と結婚して幸せになるけど結局は別れてしまう。その結末を知っている僕には、その一時だけ幸せなリリーを見ているのはすごくいたたまれなかった。ここで初めて、『わが町』の視点を持てたんです。」と話してくれた竹田さん。幕を開けた今もなお、日々変化し続けている衣裳にも是非注目して下さい!


2010年10月26日

WEBラジオ配信開始!!

SPACウェブラジオを配信いたします!

その名も「ラジオ目線」!!
メインパーソテナリティーは、SPACブログ「萌目線」でもおなじみSPAC新人俳優石井萠水がつとめます!
毎回様々なゲスト迎え、舞台について深く話ったり、パンフレットや公演チラシには載らない雑談まで、様々なトークを展開して行きます!

毎回、トークの終わりにはゲストの方に、想像しなかったようなゲストならではのおススメのものを紹介していただきます。
また、TwitterでSPACへのご質問などツイートしていただければ、「ラジオ目線」でお答えしていきます

ゲストにはあの人が登場するかもしれません!お聴き逃しなく!!

記念すべき第1回のゲストは、SPAC新作『わが町』で演出を手がける文学座の今井朋彦さんです!!

ラジオ目線。第一回

パート1

パート2


2010年10月24日

<『わが町』のちょっといい話22>松本泰幸さん(音楽)にちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

明日は中高生鑑賞事業の初日を迎えます!

ついに『わが町』のお披露目です。

2ヶ月かけて創り上げてきた『わが町』を、高校生はどんな反応で観てくれるのか楽しみです。 

 

今回のインタビューは、『わが町』の音楽を担当されている音楽家の松本泰幸さんです!

IMG_0503

 Q)今回の音楽のコンセプトについて教えてください

 A)人の鼓動っていうんですかね。それを音にしたかったんです。生きていることはなんだろう?死ぬことはなんだろう?・・・脈々と続くこのリズムを底辺に流したかったんです。そして、役者さんには歌の負担を出来るだけ軽くしようと。だから今回の音楽には音が3つしかないんですよ。いかにシンプルにそれを伝えるかということを考えましたね。

 Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)死んでからという前提を抜きにして、今井君と会った日を思い出したいなと・・・。彼とは20年以上前からの付き合いで、彼の若い頃からの芝居を見ているのは僕が一番じゃないかなって話をしたりするんですけどね。最初の出会いの日を、どんな会話をしたのかというのを死んでからではなく、あえて今、その日をのぞいてみたいなと思いますね。

 Q)『わが町』の見所について。

 A)僕は今井さんから受けとった作品の解釈を通して、役者にエネルギーを渡していく役割だと思うんですよね。例えば冒頭シーンで、僕の奏でる音が天井の方に上がって行くんですよ。そしてその音がだんだんと下がって来て、役者たちのところにスッと落ちていく。その音が降りてきた瞬間、役者はすでに僕のマジックにかかっているんですよ(笑)。僕は芝居の中での繋ぎ役です。僕だけが演奏するのではなく、演ずる側、観る側と線引きをせずにひとつの世界を創りあげていくという面白さを味わって欲しいですね。

 静岡県出身の松本さん。「今までにないタイプの新しい『わが町』の捉え方だと思います。ここでしか観られない作品ですので、足を運んでもらいたいですし、僕のマジックを是非客席で聞いて欲しいですね!」松本さんがどのようなスタイルで、どのような演奏をされるのかは当日のお楽しみです!


<萌目線。vol.55>パントマイマー、舞台俳優になる、すがぽんのいちにち。

『わが町』にてSPAC俳優デビューのすがぽんさん。
慣れない静岡で、初めての俳優訓練に参加されている日々は、
どんなものなのでしょうか?

 
■10:30  劇場入り
気合いを入れてストレッチ。
前日のミスを他の俳優たちにつっこまれたりしてますが、
毎日元気です。

■11:00  訓練
パントマイムのときの上に向かわせる体の使い方とはちがって、
スズキメソッドは体を下に下に向かわせるような感覚があります。
その違いに最初は戸惑いましたが、
できないなりに楽しんでらっしゃるそうです。

■12:00  楽屋入り
通し稽古が始まるまでに、
メイクや衣裳への着替えなど準備する時間。
パントマイムのパフォーマンスをするときはメイクをしないので、
これまた戸惑いつつ鏡に向かってます。

 101023_1233~01

楽屋でのメイクさんとのお喋りが楽しいとか。(笑)

■14:10  合唱稽古
毎日稽古が始まる前に、劇中で歌う讃美歌を全員で合わせます。
歌は好きだけど苦手なすがぽんさんは、
野口君にぐちぐち言われながら(音程をチェックしてもらいながら)
練習されてます。

■14:30  通し稽古
この日は、ちょーっとだけ舞台に出るタイミングを間違えてしまったすがぽんさん。
いわゆる出トチというやつです・・・ちょーっとだけですよ(笑)

■17:00  今井さんによるチェック
通し終了後、演出からのダメ出しです。
出トチしたことをしっかりチェックされてました。笑顔で反省。
直し稽古や、アカペラの練習なども。

■18:30  マイムの稽古
体を動かしたくなったので、解散した後にリハーサル室にこもって。
本業なのに、恥ずかしがりやだから一人でやるんだそうです。

■20:00  夕ご飯
『わが町』出演者のメンバーで。本番が近づいていたこの日は
パワーチャージをするためにお肉にしました!!

101023_1852~01

すがぽんさんは人の1.5倍くらい食べます。

■21:00  デザート
劇場の近くのジェラートが美味しい喫茶店、「ふくろう」へ。

甘いものも大好き!!
店内で流れていたモーツァルトの曲を聞いて、
モーツァルト自身もパントマイムをやっていたことや、
マイムのための楽曲をのこしていることを教えてくれました。

「いつも一人で活動してるから、みんなでやることが楽しい。
本番が始まっちゃうと、終わりが見えてくるようで寂しい。」
と、ぽろっと話してたすがぽんさん。

一期一会、一度きりの人生で、一回一回の本番だからこそ、
舞台って面白くてやめられないんです。

明日の中高生鑑賞事業から、いよいよ『わが町』の公演がはじまります。

毎回の本番を、大切に大切にやっていこうと思います!

劇場でお待ちしています!!

 

<萌目線。>とは・・・
SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。


2010年10月22日

<『わが町』のちょっといい話21>吉見亮さん(ジョー・ストッダード役)にちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

中高生鑑賞事業の初日(10月25日)まで、いよいよあと3日となりました。

30日(土)の一般公演初日に合わせ、東京バスの増発が決まりました!

ご利用の方は是非お早めにお申し込み下さい。→詳しくはこちら

 

今回のインタビューは吉見亮さんです!

 IMG_0532

 

Q)ご自分の役について紹介して下さい。

 A)ジョー・ストッダードという葬儀屋さんですね。生活とか人間とか、そういったものを俯瞰しているような人物なんじゃないかなと思います。だからといって聖者や坊さんではない。そういう視点を頭の片隅に置きながら演じています。

 Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)今まで3回、人の道を外したなぁと思ったことがあるんですよ。その3回の場面に戻って、自分を叱りたいですね。「お前ちょっと待て!」と。あとは4年前の三保の松原に戻りたいですね。そこで何があったかはオフレコということで(笑)。

 Q)『わが町』について一言。

 A)戯曲がすごく身近というか、一言で言えば自分が今まで読んだ戯曲の中で一番元気になりましたね。救われたというか・・・。この作品を観た人が、自分と同じような感覚になればいいなと思いますね。この戯曲の中にある、人生のしんどさとか、悲しさというものを、叙情的にならずに観客にいかに感じてもらおうかと考えています。

 「芸術公園に生っている柿は、だいたい熟れる前にカラスに食われちゃうんですよね。あの柿、もう2,3日したら食いごろじゃねえかなって目星をつけておくと、その頃にはもうカラスに食われているんですよね。」この季節になるとカラスと柿を取り合うという吉見さん。そんな吉見さんの渋い演技にご注目下さい!


2010年10月19日

<『わが町』のちょっといい話⑳>武石守正さん(サム・クレイグ役)にちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

今日は芸術劇場で通し稽古が行われました。

本番同様に衣裳を身に付け、照明が入り、音楽が流れ・・・

稽古場での『わが町』とは、また違った顔を見せはじめています。 

 

今回のインタビューは武石守正さんです!

IMG_0539

 Q)ご自分の役について紹介して下さい。

 A) ギブス夫人の姉の子で、ジョージのいとこです。グローヴアーズ・コーナーズを出て、何年か経ってから戻ってきたという役です。それから、ジョージの友人の野球仲間も演じています。

 Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)幼少期ですかね。すごく色んなものを敏感に感じていたような気がします。人生をやり直したいわけではないし、もう一度同じ人生を送りたいという希望があるわけでもない。けれど、もし戻れるのであれば、その頃に新鮮に感じていたものをもう一度経験してみたいですね。

 Q)『わが町』について一言。

 A)描かれていることは表面上は平凡なのかもしれないけど、その中にも価値観の違いやズレが描かれています。『わが町』は、描きたいものは人間だということに関しては、地位や職業の違いはありますが、ギリシャ悲劇やシェイクスピアと何ら変わらない。この作品は劇的ではないかもしれないけれど、みんなの送っている日常生活というものをもう一度見つめ直すきっかけになると思うし、その力が演劇にはあると思うんです。それは劇的だとか、劇的ではないとかは関係ないと思いますね。

 「自分をどう見せるかということにはあまり興味がない。それよりも“この場面をどう見せるか”ということにすごく関心がありますね。」素顔がとても真面目な武石さん。そんな武石さんの結婚式シーンでのはじけっぷりにご期待下さい!


2010年10月15日

<『わが町』のちょっといい話⑲>大高浩一さん(サイモン・スティムスン役)にちょっときいてみました

Filed under: 『わが町』2010

いよいよ芸術劇場での仕込みが始まりました。

スタッフの動きも慌しくなってきています。

舞台の全貌は当日までのお楽しみということで、舞台装置の一部を少しだけお見せしましょう!

 

 写真5

 

今回のインタビューは大高浩一さんです!

IMG_0541

 Q)ご自分の役について紹介して下さい。

 A)サイモン・スティムスンという役で謎の人です。謎の人なんですけど、普通の人です。掛け算にたとえると7×7=49みたいな人。劇中では飲んだくれと言われているんだけれど、個人的にはこの人はそんなに酒は飲めない人だと思っている。ただ、飲んだくれと呼ばれた方が、何か楽な状況があるんだろうなと。それから、サイモンは奥さんのことは結構好きだと思うし、たぶん近所のネコに名前をつけていると思うよ。俺には何となくわかる・・・。あと、彼は他の登場人物のように天気のことは話さないよね。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)死ぬ日のひと月前。1ヶ月後に確実に死ぬとわかったら・・・。パンダだったら「笹食ってる場合じゃねぇ!」って感じがするよね。後は、高校生に戻って、好きな子にもう一度告白するという定石なパターン。2回目はドキドキするかはわからないけど、やっぱりドキドキするんじゃないかな。

Q)『わが町』について一言。

 A)20世紀の初頭とかが舞台なんだけど、芝居の所々で1000年前の人々、今から1000年後の人々が普通に暮らしている姿を一瞬見たような気になる時がある。それがすごく不思議な感じがするね。

Q)エミリーという女性をどう思いますか?

 A)あの女は面倒くさい!でも、面倒くさくない女は飽きる。面倒くさくなかったら便利なだけでしょ。便利なだけなら代わりはいくらでもいるわけだから。でも、面倒くさくて尚且つ、面白くなければダメだよ。便利なものは感謝はするけど愛さないよね。

「指揮をすることはとても疲れるけれど、最近、讃美歌の歌がすごく良くなってきているんで、指揮していて楽しいんだよね。」とおっしゃる大高さん。そんな大高さんが指揮する讃美歌の歌声も合わせてお楽しみ下さい!


2010年10月12日

<『わが町』のちょっといい話⑱>大内智美さん(クローエル兄弟役)にちょっと聞いてみました

Filed under: 『わが町』2010

『令嬢ジュリー』公演時に、カフェシンデレラでカフェスタッフとして忙しく働く

『わが町』メンバーです。

稽古場で見せるいつもの顔とはちょっと違いますね!

IMG_8133

 

今回のインタビューは大内智美さんです!

IMG_7895

 Q)ご自分の役について紹介して下さい。

 A)ジョー・クローエルとサイ・クローエルという兄弟の二役をやります。二人とも郵便配達のアルバイトをしていて、朝のシーンに出てくる朝の顔です。10歳前後での登場シーンが多いんですけど、その位の年齢の子が新聞配達の途中に牛乳配達のおじさんとか、近所のお医者さんとかと、気軽に嬉しそうに立ち話をしているというのがこの役の魅力かなと。そういうことが出来ていたこの時代のこの町という・・・この戯曲の良さのそういう部分を担っている役かなと思います。

 Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)特に戻りたいとは思わないですね。いつも楽しかったし、あの時こうしていれば良かったというのはあんまりない。楽しかったという思い出があるので、それだけで十分かなって。特に後悔や悔いはないので。

 Q)『わが町』について一言。

 A)自分が知らない人にもその人なりの人生があって、みんな色々なことを考えて生きているんだという風に目線を広げられる。自分が生きているということが、すごく愛すべきことだと思えるし、他人の人生も好意を持って見られるというか、一人一人に価値があると感じられる。最近は学校に行けなくなってしまっている子も多いですよね。それは自分に価値がないから・・・と孤立してしまったりする。でも、人って良いものなんだよ!ということがこの作品で伝えられたらなぁと思います。

 「仲間がたくさん出来たような気がするんですよね。自分は一人じゃないんだと・・・。」やさしい眼差しでこの戯曲について語ってくれた大内さん。そんな大内さんが演じるキュートなクローエル少年をお楽しみに!


1 / 3123