ブログ

2019年7月1日

ふじのくに野外芸術フェスタ2019 in 袋井

 

SPACの野外劇が、ふくろいに登場!

広場や公園、路上など、身近な場所で演劇に出会えるお祭り、「ふじのくに野外芸術フェスタ」。今年は、袋井市のラグビーワールドカップ2019応援イベント「ふくろい野外音楽・芸術フェスタin月見の里」との同時開催となり、SPACの野外劇『走れメロス 袋井編』を上演いたします。
広場を駆け回るSPAC俳優たちの迫力のパフォーマンスをどうぞお楽しみに!


 


東京2020公認文化オリンピアード

ふじのくに野外芸術フェスタ2019 in 袋井

『走れメロス 袋井編』

 
構成・演出:山田裕幸(ユニークポイント)
原作:太宰治
出演:SPAC


   泉陽二

   木内琴子

  ながいさやこ

   牧山祐大

   若宮羊市


[五十音順]


音楽監督:ヤストミフルタ(ユニークポイント)
演奏:島崎敦史、Asumi
音響:石山一郎(REAL.one music)
演出補:古市裕貴、山田愛(以上、ユニークポイント)
制作:丹治陽、西村藍(以上、SPAC)

 

公演情報

9月21日(土) 11:00 / 15:00開演

会場:月見の里公園 ※雨天決行

無料・予約不要
上演時間:約40分(予定)
 
 
主催:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会、静岡県
共催:袋井市、袋井市教育委員会
連携:ふくろい野外音楽・芸術フェスタin月見の里

ふじのくに芸術回廊
静岡県 子どもが文化と出会う機会創出事業

芸術回廊ロゴ      170131beyond2020_logo

会場

袋井市月見の里学遊館・月見の里公園

月見の里学遊館は静岡県出身の建築家・長谷川逸子氏による設計で、ホール、ワークショップルーム、図書館、プール、フィットネスルームなどを備えた複合型ワークショップセンターとして2001年にオープンした。隣接する月見の里学遊館と一体的に設計された月見の里公園には、野外ステージ、多目的広場、水遊び広場などがあり、市民の憩いの場となっている。 www.tsukiminosato.com
*アクセスはこちらをご覧ください。

同日開催イベント情報

ふくろい野外音楽・芸術フェスタin月見の里

ふくろい野外音楽・芸術フェスタin月見の里SPACの野外劇のほか、音楽、展示、ワークショップなど様々な催しがあり、ラグビー体験コーナーも用意されます。
*右の画像をクリックするとチラシをご覧いただけます。

9月21日(土)10:00~16:00

会場:袋井市月見の里学遊館、水玉プール、月見の里公園

お問合せ:袋井市月見の里学遊館(静岡県袋井市上山梨4-3-7) Tel.0538-49-3400(9:00~17:00/木曜休館)

*詳細はこちら

 
 
【構成・演出】
山田裕幸(やまだ ひろゆき)
yamada_photo劇作家、演出家、ユニークポイント代表、白子ノ劇場芸術監督。約25年間、東京を拠点に国内外で上演活動を行ってきたが、2015年より静岡に移り、18年藤枝市に白子ノ劇場を開設。地域に根差した創作で活動の幅を広げている。

 

ブログ「メロス、ラグビーに挑む」更新中♪

vol.1 (2019/8/19)

vol.2 (2019/8/28)

vol.3 (2019/9/6)

 
 
▼「ふじのくに野外芸術フェスタ2018 in 掛川」写真
 *公演詳細はこちら

2019年6月30日

ふじのくに野外芸術フェスタ2018 in 掛川

Open-air Performing Arts Festival under Mt. Fuji 2018 in Kakegawa

街がステージ!
かけがわに、演劇のお祭りがやってくる!

広場や公園、路上など、身近な場所で演劇に出会えるお祭り、「ふじのくに野外芸術フェスタ」。今年は掛川に登場します。
掛川市の代表的な名所として親しまれる「大日本報徳社」を舞台に、『ロミオとジュリエット』がオリジナルのドタバタ喜劇に大変身!? SPACの俳優をはじめ掛川市民のみなさんも参加し、大人も子どもも楽しめる野外劇をお届けします。

10月13日(土) 13時開演
   14日(日) 13時開演/15時30分開演

会場:大日本報徳社大講堂前 広場
(荒天時:大日本報徳社大講堂内)
 
無料・予約不要
上演時間:約30分(予定)

★トークセッションも開催!★
・10/13(土) 終演後
・10/14(日)13:00の回 終演後

作品情報

 
『おぉっと えぇっと ええじゃないか』

台本・演出: 山田裕幸(ユニークポイント)

出演:
春日井一平 木内琴子 黒須芯 ながいさやこ(以上SPAC)、古市裕貴(ユニークポイント)

掛川市民出演者:
川井琳央奈、城戸奈津紀、平岩慶一朗、松浦紗耶夏、松浦もえ、宮﨑真衣、横山香代子、渡邊亜古

音楽監督: ヤストミフルタ(ユニークポイント)
演奏: 島崎敦史、橘あんり(青年座)

舞台監督: 吉田雅人(ユニークポイント)
音響: 石山一郎(REAL.one music)
制作: 中野三希子(SPAC)、山田愛(ユニークポイント)

会場

 
大日本報徳社

二宮尊徳(金次郎)が提唱した「報徳思想」の普及拠点。明治36年(1903年)に建てられた木造・大規模近代和風建築の大講堂は、国の重要文化財に指定されている。 www.houtokusya.com

dotokumon_keizaimon

【アクセス】
JR「掛川駅」北口より徒歩10分
※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
※お車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。

同日開催イベント情報

  
◆かけがわ茶エンナーレ 「市民プログラム2018」
掛川産抹茶de書道とプチ茶道
10月13日(土)、14日(日)
大日本報徳社 冀北学舎
料金:1,000円(茶道のみ500円)
お問い合わせ:茶話の会 TEL.080-6955-4327
www.chaennale.jp

  
主催:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催:掛川市
連携:かけがわ茶エンナーレ実行委員会

ふじのくに芸術回廊
平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業 
 
茶エンナーレロゴ bunpro_logo_rgb_d_2018  170131beyond2020_logo 
bunka_symbol

  

 
 
【台本・演出】
山田裕幸(やまだ ひろゆき)
yamada_photo演出家。劇作家、演出家、ユニークポイント代表、白子ノ劇場芸術監督。約25年間、東京を拠点に国内外で上演活動を行ってきたが、2015年より静岡に移り、18年藤枝市に白子ノ劇場を開設。地域に根差した創作で活動の幅を広げている。

2019年6月11日

ふじのくに野外芸術フェスタ2017 in 藤枝

Open-air Performing Arts Festival under Mt. Fuji 2017 in Fujieda

街がステージ!
ふじえだに、「野外芸術フェスタ」がやってくる!

広場や公園、路上など、身近な場所でアートに出会えるお祭り「ふじのくに野外芸術フェスタ」。今年は静岡市・駿府城公園に続き、10月に藤枝の街でダンス作品をお届けします。

作品紹介

 
『ANGELS』 ダンス/日本(静岡)・カメルーン

振付・演出:メルラン・ニヤカム

静岡県の中高生が世界に挑むダンス・パフォーマンス‼
8年目のSPAC – ENFANTS=スパカンファン・プロジェクト。アフリカの陽気なリズムと子供たちの笑顔に誘われて、あなたのからだもきっと動き出す!

公演情報

 
10月29日(日)11時30分開演/14時開演

会場:藤枝市文化センター前 (雨天時:藤枝市文化センター 大ホール)
無料・予約不要
上演時間:各30分

※ご来場は公共交通機関または会場周辺の有料駐車場をご利用ください。

出演

SPAC-ENFANTS =スパカンファン(静岡県の中高生)
池ヶ谷優希 静岡県立焼津中央高等学校2年
岩田麻緒  静岡県立清水南高等学校中等部2年
岡村桃果 屋久島おおぞら高等学校2年
岡村玲奈 静岡北高等学校3年
金森萌倭 静岡市立大里中学校3年
鈴木舞子 静岡県立浜名高等学校1年
永田茉彩 静岡県立清水南高等学校3年
西出一葉 静岡県立静岡城北高等学校2年
伏見彩花 静岡県立清水南高等学校2年
宮城嶋開人 静岡市立清水第五中学校3年
渡邉茉奈 日本大学三島高等学校2年 
〔五十音順〕

SPAC-ENFANTS=スパカンファン・プロジェクト
(※ENFANTS=フランス語で「子どもたち」の意味)  

spacenfants_logo-550x4961SPACが2010年より取り組む国際共同製作プロジェクト。フランスを拠点に活動をする振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏とオーディションで選ばれた静岡県の中高生が、
芸術表現として世界に通用する、メッセージを持ったダンス作品を目指します。
 
https://spac.or.jp/project/cultivation/spac-enfants

★11月上旬「大道芸ワールドカップ in 静岡」にも出演いたします!
 詳細はこちら

振付・演出

 
nyakamメルラン・ニヤカム
Merlin NYAKAM

振付家、ダンサー、歌手、俳優、ラ・カルバス・カンパニー主宰。
14歳でカメルーン国立バレエ団に入団。16歳で主席ダンサーとなる。1990年にラ・カルバス・カンパニーを立ち上げ、91年金の穂賞、最優秀ダンサー賞などを受賞。92年よりフランスに拠点を移し、フランスで絶大な人気を誇るモンタルヴォ・エルヴュ・カンパニーなどの作品に出演。振付家としても活躍し、代表作の『遊べ!はじめ人間』が「Shizuoka春の芸術祭」(2007年、08年)でも上演された。14年には、20年ぶりに母国カメルーンで『ダンシング・アフリカ』を創作し「ふじのくに野外芸術フェスタ2015」で上演、アフリカでのさらなる展開を模索している。10年よりSPAC-ENFANTSプロジェクトを手がける。

同日開催イベント情報

  
◆「駅北て~しゃばストリート」
10:00~15:00
会場:藤枝駅前通り・文化センター通り
(天候によりイベントが中止または変更になる場合があります。)  
◇駅北フェスタ
◇バスストリート(10:30~)
 11:15~11:35/13:15~13:35 バスの乗り方教室
◇安全安心フェア(10:30~)
 12:45~13:25 スタントマンによる交通安全教室
 13:30~14:10 静岡県警察音楽隊
◇ブラバンストリート(10:15~15:05)
 島田工業高校吹奏楽部、岡部吹奏楽団、藤枝東高校音楽部、
 島田高校吹奏楽部、青島中学校吹奏楽部、
 藤枝市民吹奏楽団Charming Brass、
 焼津中央高校吹奏楽部、清流館高校吹奏楽部、
◇喜多町商店街「喜多町タマちゃん招き猫まつり」
 
◆「フードスマイルフェスティバル」
9:30~15:00
会場:藤枝市民体育館・武道館 (雨天決行)

主催:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催:藤枝市
連携:「第4回フードスマイルフェスティバルinふじえだ」(主催:藤枝市)
   「駅北て~しゃばストリート」(主催:㈱まちづくり藤枝)

支援:平成29年度文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
logo

ANG_fujieda_omote
 

2019年6月1日

ふじのくに野外芸術フェスタ2016 in 三島

三島市制施行75周年記念事業
ふじのくに野外芸術フェスタ2016 in 三島

Open-air Performing Arts Festival under Mt. Fuji 2016 in Mishima

街がステージ!あなたとつくる不思議なひととき
みしまの街に、「野外芸術フェスタ」がやってくる!


広場や公園、路上など、身近な場所でアートに出会えるお祭り「ふじのくに野外芸術フェスタ」。今年は静岡市・駿府城公園に続き、7月に三島の街で3つの作品をお届けします。
スペインからやってきたおかしな異邦人たちによる路上劇や、
旧・三島市立中央幼稚園での体験型パフォーマンス、
更には楽寿園でのSPAC特別パフォーマンスも。
いつもと違う、ちょっと不思議な三島の街を体験してみてください。

公演情報

7月9日(土)~18日(月・祝)

※雨天決行
※ご来場は公共交通機関をご利用ください。

↓タイトルをクリックすると演目の詳細をご覧いただけます。

おかしな異邦人たちによる「路上パフォーマンス」
『三島の異邦人』
7月9日(土) 16:0018日(月・祝) 15:00
★『異邦人』静岡公演 急遽開催決定!!7月14日(木)18:00~
スタート地点:静岡市・青葉イベント広場(葵スクエア)

懐かしい幼稚園で!「体験型パフォーマンス」
『ライフ・アット・中央幼稚園 ~ふしぎなじかんのながれるところ~』
7月10日(日)、15日(金)、16日(土)、17日(日) 
各日15:00~18:30

楽寿園でSPACの「特別パフォーマンス」
古事記エピソード1 『ヤマタノヲロチ!』
7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝) 
各日14:00

主催: ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催: 三島市
助成: カタルーニャ州政府、カタルーニャ文化産業研究所、INAEM、ラモン・リュイ財団、スペイン大使館
平成28年度 文化庁文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
三島市、三島市政施行75周年 
ロゴ3ロゴ1ロゴ2

ぶんかちょう市章75周年ロゴA

2019年4月28日

ANGELS(野外芸術フェスタ2015)


 
ダンス/日本(静岡)・カメルーン
振付・演出: メルラン・ニヤカム
出演: スパカンファン(静岡県の中高生)
     池ヶ谷優希、大石晃駆、岡村玲奈、金森萌倭、鈴木舞子、
     所恵斗、永田茉彩、梨田奈名子、西出一葉、西山友雲、
     伏見彩花、宮城嶋開人、吉田燦、渡邉茉奈
振付アシスタント: 木野彩子

spacenfants_logo-550x49612010年よりスタートしたSPAC‐ENFANTS(スパカンファン)プロジェクトは、SPAC-静岡県舞台芸術センターが、フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、オーディションで選ばれた静岡のティーンエイジャーとともに新しい舞台を創造する国際共同制作プロジェクトです。「世界中の子どもたちが未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、芸術表現として世界に通用するクオリティーを持ったダンス作品を目指します。(※ENFANTS=フランス語で「子どもたち」の意味)
10年夏、静岡芸術劇場にて初演(『ユ メ ミ ル チ カ ラ -REVE DE TAKASE-』)、11年より『タカセの夢』と改題し、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2011」に参加、さらに東京公演を成功させました。13年には韓国公演と大阪公演、14年にはメルラン・ニヤカム氏(振付・演出)の故郷、カメルーンの首都ヤウンデでの公演を実施しました。

作品紹介

踊る!遊ぶ!弾ける肉体美!夢と希望のダンス伝道師メルラン・ニヤカム。あなたのからだの中にある、ダンス衝動を刺激すること間違いなし!オーディションで選ばれた静岡の中高生「スパカンファン」とメルラン・ニヤカムがともに創る新作ダンス作品『ANGELS』を、8月の本公演に先駆けて一部を上演!

公演情報

5/23(土) 16:30
5/24(日) 16:30
清水マリンパーク(静岡市清水区)
上演時間: 15分

無料 (予約不要)

清水マリンパーク イベント広場
Map_Shimizu
※アクセスの詳細はこちら
 
清水港は、日本のほぼ中心に位置した港です。市民の生活圏と隣接しており、古くから市民の「憩い・交流」の場として親しまれてきました。また、複合商業施設や観光船発着場もあり、多くの人々で賑わっています。
 
 

 
メルラン・ニヤカム
nyakam振付家、ダンサー、歌手、俳優、ラ・カルバス・カンパニー主宰(Compagnie La Calebasse)。14歳でカメルーン国立バレエ団に入団。16歳で主席ダンサーに登りつめる。1990年にラ・カルバス・カンパニーを立ち上げ、91年に金の穂賞、最優秀ダンサー賞などを受賞。92年よりフランスに拠点を移し、さまざまな振付家の作品に出演。97年より、フランスで絶大な人気を誇るモンタルヴォ・エルヴュ・カンパニーに参加。2007年、08年、SPAC主催の「Shizuoka春の芸術祭」に参加。10年より、SPAC-ENFANTSプロジェクトで振付・演出を手がける。
http://www.lacalebasse.org/



 
スパカンファンプロジェクト『タカセの夢』
2010〜2014年

↓トレーラー